『OSSU』は、おそらく日本初、男についてのフォトジン。毎号ひとつのテーマのもと、セクシャリティを問わず様々なコントリビューターによる男性ポートレイトを中心としたフォトエッセイやドローイング、コラージュ作品等を収録。今まで表面化することがなかった素直な男性像を、とても前向きな視点からみせてゆく。

OSSU is the first photo-zine to explore male sexuality in Japan. Every issue features new bodies of work by the OSSU photographers/artists and guest contributors. OSSU is a new attempt to redefine Japan’s representation of male.

美術手帖(2016年4月号)にOSSUが登場!ミヤギフトシ、森栄喜、川島小鳥の作品が16ページにわたり掲載されます。ぜひご覧ください。

NEW

vol3 パイナップル ISSUE

川島小鳥Kotori Kawashima
クサナギシンペイShinpei Kusanagi
工藤司Tsukasa Kudo
トラン・ミン・ドゥクTran Minh Duc
fumiko imano
MIKIO SAKABE
南川史門Shimon Minamikawa
ミヤギフトシFutoshi Miyagi
森栄喜Eiki Mori

男についてのフォトZINE、OSSUの第3号。テーマは「パイナップル」。熱帯をテーマにした作品をぎゅっとつめこんで、永遠の夏をパッケージしました。

国会議事堂前、ウェディングドレス姿で手をつなぐ森栄喜&工藤司の「Wedding Politics」、夏の台湾と東京でそれぞれ違う男性を撮った川島小鳥「ぱいん」、思い出せそうで思い出せない…クサナギシンペイの南国旅行記「近圀、遠景」、夏の雨のなかさまよう二人の男の子を撮影したMIKIO SAKABE&fumiko imano「boys love」、戦後沖縄でパインを一緒に食べた兵士の記憶を辿るミヤギフトシ「Old Photographs」、男性ポートレイトがくるくるまわる南川史門「Rotating-Painting」、ベトナムの南国的なインテリアの中で撮影されたトラン・ミン・ドゥクのセルフポートレイト「Aquatic House」。

デザインは藤田裕美。キャンディーの包装紙のようなペラペラのキュートな紙と、オレンジと緑で校正された大胆なデザインが、いつの季節でもあなたを常夏のオッスへと誘ってくれます。

zine design
藤田裕美 (fungus)
Hiromi Fujita
zine size
A5
page
64P
price
1,050Yen (Tax in)
order
購入はこちら

参加作家それぞれが「ハンサム」をテーマに新作を発表。台湾の風景とモデルの佇まいが印象的な川島小鳥による「Fly」、サイモン・フジワラによる、中国の料理と現地で実際に見かけた不思議な英語をミックスしたヘンなTシャツカタログ、題府基之の自身初となる男性ヌード集「なんとなく、クリスタル」、野村佐紀子による、緊張感に満ちた美しくデカダントなノクロ写真、ミヤギフトシによる湾岸戦争時に出会ったアメリカ兵の記憶を辿るフォトエッセイ、東京の男の子たちを独自の視点で映し出す森栄喜による、斜陽が優しい「Intimacy」を収録。

デザインは、北京の新進デザイナー、Fang Jianpingによる。6冊の小冊子が、ブリーフのゴムバンドを模したカンバス地のバンドで連結しており、タグを模したクレジット部分がテロン、と飛び出している凝りよう。それぞれの冊子の表紙にはブリーフを模したデザインがなされ、広げると6枚のブリーフが干された様な形に。

The “ハンサム(Handsome)” issue of OSSU presents new works by the participating artists: “Fly” by Kotori Kawashima captures a youthful boy wondering around the tropical landscape of Taiwan; “Chinese Whisper” by Simon Fujiwara is a strange T-shirt catalogue, The T-shirt designs combine images of Chinese food and Chinese men, along with texts he found on T-shirts that Chinese people were wearing; For “Feeling Crystal”, Motoyuki Daifu, a young photographer with distinct style, presents his first collection of male nudes; Sakiko Nomura’s decadent black and white photographs reveals nude men in dark rooms; Futoshi Miyagi’s “A Cut Piece” is a memoir of an American man whom he met in Okinawa during the time of the Gulf War; “Intimacy” is a collection of gently lit photographs of boys in Tokyo by Eiki Mori. The second issue is designed by Fang Jianping, an emerging designer from Beijing. Each work is presented as an individual booklet, and the six booklets were connected by a strip of fabric reminiscent of waistband of men’s underwear.

zine design
方建平
Fang Jian-ping
zine size
A5
page
96P(16×6)
price
1,575Yen (Tax in)
order
購入はこちら

その雄々しいタイトルの通りに日本における男性性を掘り下げる。 必ずしも「こちら」でもなく、「あちら」でもない…そんな男性性の揺らぎをそれぞれの視点で密やかに広げてゆく。台湾のアートディレクター、アーロン・ニエによる凝ったデザインも印象的。

The first issue of OSSU challenges the conventional representation of men in Japan and playfully overturns it. The participating artists explore the sexuality of men in Japan. The first issue of OSSU is elegantly designed by Taiwanese art director Aaron Nieh.

zine design
聶永真
Aaron Nieh
zine size
A5
page
80P
price
1,050Yen (Tax in)
order
購入はこちら